2008年11月02日

【阿部次郎略年譜】60代の阿部次郎

1945(昭和20)年


(満62歳)

3月東北帝国大学を定年退官。


1946(昭和21)年


(満63歳)

東北帝国大学名誉教授の称号をうける。


1947(昭和22)年


(満64歳)

4月『阿部次郎選集』(羽田書店、全6巻)の出版が開始され翌年6月完結。
6月帝国学士院会員に推される。


1948(昭和23)年


(満65歳)

2月3人の弟(阿部余四男、竹岡勝也、阿部六郎)との合著『根芹』(金文堂出版部)を出版。
5月『合本 三太郎の日記』(改版、岩波書店)を出版。


1949(昭和24)年


(満66歳)

2月自宅で門下生らと日本文化研究会を開く。
後に 山田孝雄、竹岡勝也も加わる。


1950(昭和25)年


(満67歳)

3月『合本 三太郎の日記』(角川書店)を出版。
11月『三太郎の日記 補遺』(同前)を出版。
posted by 青田三太郎 at 18:00| 宮城 ☀| 阿部次郎略年譜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。