2008年11月02日

【展示品】短冊

斎藤茂吉短冊


片山かげに青々として畑あり時雨の雨の降りにけるかも
(大正3年『あらたま』所収)


しづかなる峠をのぼりこし時に月の光は八谷をてらす
(大正4年『ともしび』所収)

大き聖いましし山ゆながれくる水ゆたかにて心たぬしも
(大正4年『ともしび』所収)



阿部次郎短冊


今朝の春雪やみて雲樺色に(昭和15年)


甲申誕辰 旅人の家路を奪う野分哉(昭和19年)


丙戌元日 ファウストは盲ひて我に今年哉(昭和21年元旦)


戌子師走 山茶花は白く漱石裸漢哉(昭和23年)
posted by 青田三太郎 at 15:00| 宮城 ☀| 阿部次郎記念館の展示品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。