2009年06月05日

阿部日本文化研究所開所55周年

本日2009年6月5日、「財団法人阿部日本文化研究所」は
開所55周年を迎えました。

この研究所創設にあたっては、
戦後改めて角川書店から出版された(※)
『合本 三太郎の日記』の印税が用いられていたということです。

※当初『合本 三太郎の日記』は岩波書店から出版されていましたが、
戦後になって次郎は版権を角川書店に移しました。



数ある阿部次郎の作品の中でも
最も広く親しまれた『三太郎の日記』は
次郎20代の終わりから30代の中頃にかけて著されました。

次郎自身の日記からの引用も多く、
『三太郎の日記』は次郎の青春時代の結晶とも言えるでしょう。
この「青春時代の結晶」が、次郎をして一躍ベストセラー評論家となさしめた
文字通りの出世作となりました。


そして時は流れ
老いた次郎は病躯を押して
「阿部日本文化研究所」の創設に総てを賭けます。
結果としてそれは、次郎のなした最後の仕事となりました。

自らを世に出した作品を礎とし
後進に道を譲り、静かに場を退いてゆく―

次郎最後の日記が記されたのはその半年前のことでした。


阿部次郎三女・大平千枝子氏の筆から
開所式の模様を垣間見ることができます。

「昭和二十九年六月五日―
 私はこの日、生まれて初めて父の涙を見た。
その時、父は熊谷岱蔵先生と小宮豊隆先生の二人に挟まれて坐り、
この切っても切れない間柄の老友から、阿部日本文化研究所の創設と、
父自身の古稀を祝う、心からの賀辞と激励を受けたところであった」



阿部次郎の没後、阿部日本文化研究所は東北大学に寄贈され
1999(平成11)年10月からは阿部次郎記念館として新たに生まれ変わりました。

当記念館は本年、
 阿部日本文化研究所開所55周年
 阿部次郎記念館開館10周年
 阿部次郎没後50周年
という大きな節目を迎えております。


「この日、父は涙の堰が切れたように、実によく泣き、よく笑った。
日ごろあれほど毛嫌いしていた写真も、この日は幾枚でも
写すに任せた。
父にとってこの日―昭和二十九年六月五日は、たしかに一つの
大きな転機だったに違いない。
年を取ると子供に帰るというが、長い年月を貫いて父を特色付けて来た
理性の厳しい緊張がとけ、父はこの日、
自然に化する第一歩を踏み出したのではなかろうか」


この10年、
様々な方のご理解ご協力の賜物で
記念館運営を進めて参ることができましたこと
改めて心より御礼申し上げます。

創成期の10年を過ぎまして
阿部次郎記念館も新たな第一歩を踏み出そうとしています。


(引用:大平千枝子、1999、『父 阿部次郎』東北大学出版会)
posted by 青田三太郎 at 00:00| 宮城 ☁| 「阿部日本文化研究所」と「阿部次郎記念館」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。