2011年04月01日

4月2日より開館します。

阿部次郎記念館は4月2日(土)より開館いたします。
皆様ご心配おかけしました。
震災後閉館しておりましたが、幸い被害は殆どなく
無事片付け・清掃等も終了致しました。

当館は阿部次郎の施設研究所として建てられましたが
その強靭な構造に改めて眼を見張る思いです。

今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。
posted by 青田三太郎 at 17:12| 宮城 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

阿部次郎記念館の係員・建物・展示品総て無事です。
お見舞い頂きました皆様に心より御礼申し上げますと共に
一日も早い復興を心より祈念致します。

現在記念館は一次的に休館しております。
開館のお知らせは改めて掲載致します。
posted by 青田三太郎 at 22:18| 宮城 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

東北大学萩ホールギャラリー展示「人生の教師・阿部次郎その生涯と阿部次郎記念館の歩み」のおしらせ

来る8月4日(水)から9月29(水)まで、
東北大学百周年記念会館 萩ホール展示ギャラリーにて
ギャラリー展示
「人生の教師・阿部次郎その生涯と阿部次郎記念館の歩み 」が
開催されます。

東北大学百周年記念会館 萩ホールのページはこちら

萩ホールギャラリー展示ご案内はこちら


阿部次郎の生涯と
開館12年目を迎えた阿部次郎記念館の歩みを
展示品とともにご紹介いたします。

夏休みの仙台観光の際には
是非川内萩ホールに(そして阿部次郎記念館に)お越し下さい!
posted by 青田三太郎 at 21:01| 宮城 ☔| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

第4回「青春のエッセー 阿部次郎記念賞」募集開始!

本日5月27日より
第4回(2010年度)「青春のエッセー 阿部次郎記念賞」の作品の
募集を開始しました。

第4回のゲスト審査員は俵万智さん、
課題作品の部の課題は「記念日」です。
皆様の力作をお待ちしています!

締め切りは2010年9月10日(当日消印有効)です。
お問い合わせ・原稿の送り先は
〒980-8576 宮城県仙台市青葉区川内27-1
      東北大学文学部「青春のエッセー 阿部次郎記念賞」係
      FAX:022-795-6032、email:abe@sal.tohoku.ac.jp
※応募作品は郵送でお送りください。


第4回「阿部次郎記念賞」募集要項
【部門】
課題作品の部(課題「記念日」)
自由作品の部

部門ごとに最優秀賞1名(副賞10万円の旅行券)、
優秀賞2名(同3万円の旅行券)、
入選者若干名を表彰します。
特に優れた作品を応募された学校には学校賞を贈ります。


【応募規定】
・応募資格は高校および高等専門学校(1〜3年)の在学生に限ります
(学校でまとめて応募する際は、1校あたり30点までを応募点数の上限とします)
・エッセーは随筆・評論・読書感想文・創作(小説・SFなど)を含みます
・応募作品は未発表の日本語原稿に限ります
・字数は2000字〜4000字程度とします
・A4判用紙もしくはA4判原稿用紙を使用してください(縦書きでも横書きでも結構です)
・原稿には頭紙を付け、そこに必ず応募部門、題名、字数、本名(ふりがな)、性別、年齢、学年、在籍学校名、生年月日、自宅住所、自宅電話番号を明記してください
・原稿は綴じ、通し番号をふってください
・必要最小限の範囲で、図表、写真などを添付しても結構です(枚数には含みません)
・応募原稿は返却しません
・受賞作の著作権は、東北大学文学部に帰属します
・応募規定などに関して疑問の点は下記宛に封書、FAX,メイルなど文書でおたずねください。選考過程に関する問い合わせには応じられません


※記念賞につきましての詳細は
東北大学文学部「青春のエッセー阿部次郎記念賞2010」のページを
ご確認ください。
posted by 青田三太郎 at 23:52| 宮城 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月28日

11月2日・3日は開館します

第3回阿部次郎記念賞授賞式が11月3日に開催されます。
受賞者の皆様おめでとうございます。
これに伴いまして阿部次郎記念館も
11月2日(月)・3日(火祝)の両日は通常通り、
10:00-16:00まで開館いたします。

どうぞ皆様お誘い合わせの上お運びくださいますよう
よろしくお願い申し上げます。

なお、両日の振替休日につきましては後日改めてお知らせいたします。
posted by 青田三太郎 at 10:36| 宮城 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

第3回「青春のエッセー 阿部次郎文学賞」作品募集

第3回「青春のエッセー 阿部次郎記念賞」の作品を募集を開始しました。


■阿部次郎記念賞には
「課題作品の部」と「自由作品の部」の2部門がございます。
※「課題作品の部」の本年度の課題は「ぶつかりあう」です。
締切は2009年9月10日です(当日消印有効

■応募資格は高等学校の在校生・高等専門学校の1年から3年の
在校生
に限ります。
※毎年お問い合わせがございますが、応募時点での既卒生は
対象となっておりません。悪しからずご了承下さい。
また、学校単位で応募される場合には
「1校あたり30点まで」を応募作品の上限といたします。


■応募作品は未発表の日本語の原稿で、2000字から4000字程度の作品とします。

■部門ごとに最優秀賞1名(副賞10万円の旅行券)
 優秀賞2名(同3万円の旅行券)
 入選者若干名を表彰します。
(特に優れた作品を応募なさった学校には学校賞を贈呈します)
※最優秀賞・優秀賞の受賞者は、11月3日(土)開催の表彰式
(東北大学)に招待いたします。 

■お問い合わせ・作品の送り先は
〒980-8576 宮城県仙台市青葉区川内27-1
東北大学文学部「青春のエッセー 阿部次郎記念賞」係
FAX:022-795-6032、email:abe@sal.tohoku.ac.jp
※応募先は阿部次郎記念館ではありません。

なお、募集要綱の詳細は
東北大学文学部+阿部次郎記念館
青春のエッセー 第3回阿部次郎記念賞
」にてご確認下さいませ。
posted by 青田三太郎 at 13:44| 宮城 ☁| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

受賞おめでとうございます

11月3日月曜日(文化の日)、
東北大学川内萩ホール(仙台市青葉区・旧川内記念講堂)にて
第二回「青春のエッセー 阿部次郎記念賞」の授賞式が開催されました。
受賞者の皆様おめでとうございます。


※本日11月4日の『河北新報』朝刊8面に
特集として最優秀作品2点
 (課題作品の部:「科学と人間の付き合い方」
  英国・セントジョージ女子校2年 長嶺安里さん)
 (自由作品の部:「向日葵」
  青森・弘前中央高3年 中浜聖恵さん)
が掲載されました。是非ご覧下さいませ。

また、授賞式の記事も同紙20面において
「新鮮な感性と視点 阿部次郎記念賞 入賞者を表彰」
というタイトルで紹介されていますので
こちらも併せましてご覧下さいませ。
posted by 青田三太郎 at 14:09| 宮城 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

阿部次郎記念賞授賞式のおしらせ

来たる11月3日、東北大学市民オープンキャンパス「紅葉の賀」が開催されます。
会場は、午前の部(9:00-)が東北大学植物園、
午後の部(13:00-16:30)が川内萩ホール(以前の川内記念講堂です)となっております。
皆様お誘い合わせの上是非お越し下さいませ。

「紅葉の賀2008」サイトはこちら↓
http://www.sal.tohoku.ac.jp/news/momizi08.html

そして、午後の部15:05から15:55に
第二回 阿部次郎記念賞授賞式が開催されます。
受賞者の皆様おめでとうございます!

阿部次郎記念賞サイトはこちら↓
http://www.sal.tohoku.ac.jp/abe2008/
posted by 青田三太郎 at 00:21| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。