2008年11月15日

90年前の悲嘆

 十一月十五日(土)晃死す

 朝三時四十分、雨中、晃死す、
 死して間もなく氷川神社の七五三の大〔ママ〕鼓ひゞく、
 勝也夫婦、三也夫婦、勤之助等手伝ひに来る。
 通夜和辻夫婦、三也、勝也、落合、伊藤、勤之助、
 三也を葬儀委員長にして万事余は関せぬこととす、
 葬式は高谷氏の紹介にて落合の龍興寺にきまる。
 小島氏死顔をかいてくれる。


(阿部次郎『阿部次郎全集 第十四巻』角川書店、1962:304ページより)


1919(大正8)年11月15日
阿部次郎は満4歳になったばかりの長男、晃を結核性の腹膜炎で亡くしました。
次郎満36歳の晩秋のことでした。


それから90年の歳月が流れようとしています。


1919年の日記を繙くと、春先から夏そして秋へと
季節が移り変わるのと歩調を合わせるかのように
晃の病状が日に日に悪化してゆく様が克明に記されています。

晃の死亡後の日記には、様々な書物に強いて慰めを見いだそうと努める様子や
我が子を失った自分に対する周囲の人々の態度への複雑な思い、
そして在りし日の晃を思い出しては悲嘆にくれる有様が記され
当時の次郎の混乱と苦悩を垣間見せています。


この年の日記としては縦16cm、横9cmの箱入りの
「ポケット日記」(博文館)が用いられています。
阿部次郎はこの「ポケット日記」が気に入ったと見えて
1916(大正5)年から1922(大正11)年までの
6年間にわたって日記帳として使い続けています。


1919年は「ポケット日記」の日記帳と共に
菊判ノートの破片が「晃看病及び死亡の記」として
別個に残されています。
「晃看病及び死亡の記」には
11月1日・2日・15日・22日・25日・27日・28日
12月7日・28日の9日分の記述があります。


通常記述する日記帳の他にも
改めて晃が死亡する前後の記録を残していることからも
愛児の死が次郎に与えた衝撃の大きさが伺えます。
posted by 青田三太郎 at 19:47| 宮城 ☁| 記念館の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

『三太郎の日記』が復刊されました

11月10日、角川学術出版より
『新版 合本 三太郎の日記』が復刊されました。

↓こちら
http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd=200809000195

角川選書創刊第1号です。


かつて『合本 三太郎の日記』の版権は別の出版社にありましたが
角川氏との交際を深めてゆく中で阿部次郎は
戦後、角川書店に版権を移す事を決意します。

版権を移すに至った理由について
阿部次郎は角川氏に
「角川を助けてやりたいからだと言いたいのだが
それでは君に失礼にならないだろうか。
もし君が阿部ごときに助けてもらいたくないと思うなら
そうは言わない」という趣旨のことを語ったといいます。

その言葉を聞いた角川氏は
阿部次郎の前もはばからず、声を上げて泣き崩れたということです。


著者-読者の関係のみならず、
著者-出版社の関係においても
いかに『三太郎の日記』の存在感が大きかったか
再認識させられるエピソードです。
posted by 青田三太郎 at 00:17| 宮城 ☁| 記念館の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

句碑のサザンカも開花しています。

阿部次郎記念館の駐車場には
山田孝雄・山田みづえ親子句碑がございます。

句碑の周囲には季節の植物が植えられており、
四季折々の花を咲かせています。

少し前まではホトトギスが咲いていましたが
現在ではサザンカ、ツワブキが満開です。

kinenkansekihi.JPG
白がサザンカ、黄色がツワブキ。


館内でも「展示」しています。

sazanka.JPG
posted by 青田三太郎 at 15:00| 宮城 ☀| 記念館の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

菊の季節に

仙台では只今菊が盛りを迎えています。

自宅の菊も満開で
記念館に飾ろうと持参しました。

kiku00.JPG


館内には菊が一番似合うと考えております。

kiku01.JPG


毎年今の時期は、記念館では菊を飾っております。


阿部次郎三女・故大平千枝子さんは
『父 阿部次郎』の昭和34年10月20日、
つまり阿部次郎の亡くなった日について
このように記していらっしゃいます。


 「昭和三十四年十月二十日、今日も底抜けの上天気。
  空は青く深く、いちょうの葉は黄に窮まって輝き、
  そこここの貧しい路地には、小菊が咲きこぼれている。
  病室は昨日のままの静けさであったが、父の嶮しい顔がずっと緩んで来た。
  頬に喰い込んだ唇が、やっと外に現れ出した。
  堅く閉じられた両目のあたりもどことなく柔らいで、
  この世を捨てんとするごとき厳しさはもう消えている」

 (大平千枝子、1999、『父 阿部次郎』東北大学出版会:148ページより)


記念館開館の数か月前に東北大学出版会から発行されたばかりの
『父 阿部次郎』を読んで、この一節に出逢って以来、
私にとっての「阿部次郎に捧げる花」は、菊の花となりました。

それも大輪の菊ではなく、
小さく群をなして咲いている、色とりどりの菊の花です。

以前大平さんのご執筆のお手伝いをいたしました際に
私がこのように考えている旨申し上げましたことを
今でも鮮明に覚えております。

その大平さんも昨年(2007年)10月
東北大学開学100周年の記念の年に
初めての全学同窓会が開催された日に、お亡くなりになりました。


今では菊の花は、私にとっては
阿部次郎と大平千枝子さん、お二方を偲ぶよすがとなっております。
posted by 青田三太郎 at 17:00| 宮城 ☀| 記念館の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広瀬川の風景もお楽しみ下さい

阿部次郎記念館のある青葉区米ヶ袋は広瀬川の河川敷にほど近く
お散歩がてら記念館にお越になる方もいらっしゃいます。


広瀬川の河川敷では四季折々の美しい風景を楽しむことができます。


特に秋。
かの額田王も「秋山我は」と詠んでいましたが
秋から冬にかけての広瀬川の美しさは格別です。

IMG_3073.JPG
記念館の紅葉は未だ「青木をば置きてそ嘆く」状態ですが


IMG_3059.JPG
ほんの少し足を伸ばしますと…



IMG_3050.JPG

IMG_3072.JPG

街中とは思えない風景に出逢えます。


IMG_3065.JPG


IMG_3066.JPG

IMG_3069.JPG


是非ご覧頂きたいのがこの滝です。
IMG_3068.JPG


滝の傍らには水鳥たち。
IMG_3070.JPG


広瀬川対岸の丘陵の上には
阿部次郎の散歩コースの一つであった愛宕神社がございます。
posted by 青田三太郎 at 07:00| 宮城 ☀| 記念館の日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。